暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

【ビットコイン建てマイナス8.55%】資産状況(2018年7月)【円建てマイナス21%】

今月も当「暗号通貨のポートフォリオ」の運用状況を見てみましょう。 

前月の投資状況はこちら↓ 

www.cryptochallenger.com

6月もだらだら下げ続けており厳しい展開でした。 

 

6月振り返り

 6月もニュースは盛りだくさんでした。

 

またしても取引所のハッキング被害が明らかになりました。

韓国の大手取引所Bithumbがハッキングを受け約33億円)の仮想通貨を失ったとのニュース。

損失は取引所の自己資金で補償されるようですが、取引所にコインを保管するリスクが改めて浮き彫りとなりました。

koreabizwire.com

現物のUSドルを発行の裏付けとするテザー(USDT)に関する弁護士事務所の独自調査の結果。USDT流通量を超えるUSドルがキチンと保管されてますよ、とのこと。

会計士による正式な監査報告ほどの信憑性はありませんが、市場には一定の安堵感が広がった感じ。

coinpost.jp

 マウントゴックスが破産手続きではなく民事再生による事業再生を目指すとのこと。債権者に分配するためのビットコインの売り圧力が後退する可能性があり、こちらも良いニュース。

jp.cointelegraph.com

 LINEがシンガポールで暗号通貨30種類を取り扱う取引所「BITBOX」を開設するとのこと。

7月オープン予定ですが、残念ながら日本とアメリカからは登録できません。

linecorp.com

残念なニュースもありました。日本人へのサービス提供を終了する海外取引所が相次いでいるとのニュース。該当の取引所に資金を預けている方は早めに送金するなど対応が必要です。

cryptocurrencymagazine.com

 個人的にインパクトが大きかったのが、ビットフライヤーの新規口座開設停止のニュース。国内最大手の取引所だけに新規資金の流入がなくなるのは痛い。

www.nikkei.com

取引としては6月はノートレード。

ハードウェアウォレットの導入など暗号通貨の保管方法の見直しを主に行いました。

  

7月3日現在のポートフォリオ

本日時点でのポートフォリオはこんな感じです↓

      2018/7/3 22:15現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益 投資割合
BTC 4.185 4.185 4.185 0.00% 37.58%
ETH 18.044 0.755 1.286 70.39% 11.55%
XRP 16,156.040 0.959 1.212 26.47% 10.89%
REP 212.338 1.097 1.168 6.45% 10.49%
MONA 2,893.272 1.285 1.097 -14.66% 9.85%
XMR 45.700 0.807 0.967 19.82% 8.68%
FCT 660.580 1.879 0.962 -48.82% 8.64%
XCP 203.014 0.304 0.258 -15.19% 2.32%
  合計 11.2704 11.1340 -1.21% 100.00%


ビットコイン建てではついに含み損状態に突入しちゃいました・・・

前月比ではマイナス8.55%。FACTOM(FCT)、モナコイン(MONA)の下げ幅がきつく、ポートフォリオの構成比率が落ちています。

f:id:cryptchallenger:20180703222553p:plain

 

ちなみに円建てでは、マイナス21%。

f:id:cryptchallenger:20180703222404p:plain

2ヶ月連続で2割を超える下落となりました。円建てでは昨年11月の水準まで落ちてきちゃいましたね。