ロードバイク初心者のオッサンが1日200キロ走れるようになるまでのブログ

32歳横浜市鶴見区在住のサラリーマン。週末サイクリングの様子をまったりつづります。

源流を探して~猛暑の鶴見川、多摩川サイクリング93㎞~(その1)

こんにちは、ジマヒロです。

当ブログ1発目のサイクリング、どこに行こうか悩んだのですがとりあえず近所を流れる一級河川「鶴見川」を走ることに決めました。

 

“鶴見川(つるみがわ)は、東京都および神奈川県を流れる川。鶴見川水系の幹川で、一級河川に指定されている。東京都町田市上小山田町の泉を源流とし、神奈川県横浜市鶴見区の河口から東京湾に注ぐ。全長42.5km、流域面積235km2、支川数は10。2005年(平成17年)4月に特定都市河川に指定された。”

Wikipediaより

 

 

この鶴見川、河川敷沿いにサイクリングコースが整備されていてよく走っているのですが、未だにそのどん詰まり、つまり「源流」にいたれずにいました。

鶴見川に源流があるのは横浜市民には有名な話らしく、ネットで検索するとたくさんの情報がヒットします。

http://hamarepo.com/story.php?story_id=3659

 

今回は鶴見人にとって母なる川である鶴見川の源流を求めつつ、多摩川まで足を伸ばして帰ってくるコースをとってみました。

 

コース概要

近隣にお住まいの方以外はイメージがわきにくいでしょうから先に走行ルートを貼っちゃいます。

ルート

 

鶴見川河口付近の橋からスタートして川沿いをひたすら進む

源流にたどり着いたら都道18号(鎌倉街道)を府中方面へ

多摩川に着いたらひたすら河口方面へ

第一京浜についたら道沿いに鶴見川に戻ってくる

 

合計93㎞のコースとなりました。

※何カ所か道に迷ったり、寄り道したりしていますので効率よく走れればもう少し短い距離のはずです。

 

出発

という訳で2017年7月9日午前6時10分頃、鶴見川河口付近の鶴見川橋よりサイクリングスタートです。

鶴見川橋

 

早朝の人通りが少ない右岸を快調に進みます。

下の写真正面に見えるのは「森永橋」、左には森永製菓鶴見工場があります。かの有名なチョコレート菓子を作っているそうです。

森永橋

 

しばらく進むと矢上川との合流地点です。左端にちらっと移っている鷹野人道橋を渡り左岸に移ります。

人道橋

 

さらに進むと、新横浜市街に到達します。日産スタジアム(横浜国際総合競技場)が見えてきました。

なおも左岸に沿って進みます。

日産スタジアム

スタートから22キロほど進んだところで休憩を入れます。

早くも川幅が小さくなってきました。

休憩1

水もきれいですね。

 

今日はこの辺で。なるべく早く続編を書きます。

休憩2

 

それでは。

 

続きはこちら↓

 

www.cryptochallenger.com