暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

がっつり暴落してますが、

何ヶ月ぶりかの大きな下落です。

震源地は中国。

btcnews.jp

中国当局が暗号通貨取引所に対して月内までに運営を停止することを求めているそうです。

発表を受けて主要な暗号通貨は大幅に下落。震源地の中国を中心に暗号通貨から資金を引き揚げる動き(+その動きを先読みした投機資金の動き)でしょう。

f:id:cryptchallenger:20170915210526p:plain

中国全体でどれくらいの資金が暗号通貨に投資されているのか不明ですが、一時的にかなりの資金が市場から抜けるでしょう。

 

 しかし、こんなニュースがあっても私はまだまだ楽観的です。

将来的には中国政府のお墨付きを得た取引所から順次運営を再開するでしょう。

上場される銘柄は中国政府が許可した銘柄(暗号通貨のホワイトリスト的な)に限られるでしょうが(該当銘柄は上場前に共産党幹部がしこたま買い占めることでしょう)、

これからも中国マネーは暗号通貨市場で大きな割合を占め続けると思っています。

 

そもそも ビットコインを始めとする暗号通貨は国による規制を受けずに自由に移動できます。そこに多くの人が価値を感じています。

別に取引所を通して暗号通貨を買う必要はないのです。本当に欲しい人は持ってる人から直接買えるのです。

 

Mt.goxの時もそうでしたが、取引所の停止は暗号通貨の価値とは無関係です。

値頃感のある銘柄があれば積極的に買いに行きましょう(買い煽り)