暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

ビットコインへの課税方針について中年ヒヨコが思うこと。

ビットコインの課税方針について国税庁から気になる通達がなされました。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係|所得税|国税庁

きわめて簡素な文章で、事例や詳細に踏み込んだ物ではありませんが、現時点で中年ヒヨコが考えたことを書きます。

解釈が間違っていたらごめんなさい。

※暗号(仮想)通貨の税制については今後、きちんと法整備がなされると思います。
申告に当たっては、税理士や税務署に相談して行いましょう。

 

1,ビットコインを使用することで得た利益は雑得税として、総合課税する。

譲渡所得にならんかなぁという淡い期待は打ち砕かれました\(^o^)/
(譲渡所得の方が最高税率が低く、他の所得グループと損益通算もできるのです)

 

2,ビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)について課税される。

・仮想通貨で買い物をした瞬間に、日本円で損益計算が行われて課税
・仮想通貨を日本円に戻した場合も課税

ビックカメラでの買い物や、コインチェックでの日本円⇔アルトコインの取引であっても、コイン購入時とコイン使用時のレートに照らして利益が出ていれば課税されるってことですね(そりゃそうか)。

 

3,ビットコイン⇔アルトコイン間の取引はどうなる!?

わたしは日本円でビットコインを購入し、ビットコインでアルトコインを購入してポートフォリオを組んでいます。


保有する暗号通貨(仮想通貨)を日本円に替えたことは一度もありませんし、当面、日本円に戻す予定もありません。

私にとっての利益とは、暗号通貨の基軸であるビットコインが増えることなのです。

しかし、残念ながらアルトコインのトレードにて増やしたビットコインについても税金を払う必要がありそうです。

ビットコインでアルトコインを購入することは買い物と同じく「使用」と判断されると思います。
当然アルトコインについても円建てで価値が計算できますので「邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益」を計算できちゃいますしね。
日本円に戻すまで課税されないんではないか、という淡い期待も打ち砕かれそうです

\(^o^)/

ただ、ここについては正直なんとも言えません。

特に気になるのは保有するアルトコインが、ビットコイン建てで含み益がある場合の取り扱いです。

ビットコインでアルトコインを購入しているので、「買い物」と同じ取り扱いなのか、アルトコインを売却して、ビットコイン建てでの損益が固まったタイミングで課税されるのかによって、納税額が変わってきますよね。

 

4,で、どうするか
私は日本円からビットコインの購入を「BitFlyer」で、ビットコイン⇔アルトコインの取引を「poloniex」「bitrrex」にて行っています。
3カ所の取引所から取引記録をダウンロードして、確定利益を計算する必要があります。
「ビットコインを何枚増やしたか」はすぐ分かりますが、円建ての確定利益はその時のBTC/JPYレートに依るため計算がめんどくさそうです(というか正確に計算できるのか!?)。

納税は当然日本円なので、冬のボーナスから納税資金を確保しなきゃいけませんね。

 

※まだ不明瞭なところが多いので、申告の際は最新の情報を確認しましょう。