暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

Monero(XMR)の一部売却

Ripple社のカウントダウンは壮大な肩すかしでしたね。もう少し売っとけば良かった・・・。要するに偉い人を招いたカンファレンスのご案内でしたw

ripple.com

今回の稚拙なカウントダウンは残念でしたが、中年ひよこは引き続きRipple(XRP)には期待していますので、保有は継続します。

 

さて、4日ほど前から当ポートフォリオ保有銘柄であるMonero(XMR)が急騰しています。

ビットコイン建てで1週間で77%の上昇率です。

f:id:cryptchallenger:20170825113550p:plain

どうやら韓国最大手の取引所であるBithumbにMoneroが上場するのではないかという「噂」がトリガーのようです。

cointelegraph.com

・・・

正直、Moneroの目玉機能は「匿名性」ですので、こういったニュースがトリガーの上昇は長続きしないと考えます。

ビットコインを始めとする暗号通貨は、どのアドレスに現在いくら残高があるか、取引によってコインがどこのアドレスに移動されたかが筒抜けです。

ハッカーや調査機関が本気でIPアドレスを監視すれば、複数のアドレスを使い分けていたとしても、個人が特定されるリスクがあります。

高額な残高を持つアドレス群が特定されるとハッキングや徴税のリスクが高まります。

 

資産を安全に持つには十分な匿名性が欠かせません。匿名性を売りにするMoneroにイロイロな人によるマネロンや富裕層の資産課税対策等の強い実需があると考えます。

 

取り扱う取引所が増えて、Moneroにアクセス出来る人が増えるのは良いことです。

しかし未確定情報での上昇ですので、一部を売却してビットコインに替えておくこととします。

 

今回は20XMR(0.4BTC分)売却しまして、残高はこんな感じ↓

      2017/8/25現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 4.078
xmr 40.810 0.671 0.820 22.23%