暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

資産状況(2017年7月)【前月比プラス19.9%】

7月に入りましたので、当「暗号通貨投資のポートフォリオ」の資産状況をさらします。

1、6月振り返り
先月、6月の前半は5月の流れを引き継いで暗号通貨市場は堅調でした。
後半から雲行きが怪しくなり、大きく下落する銘柄も出ましたね。

そんな中、当「暗号通貨投資のポートフォリオ」では4回の売買を行いました。

売買その1:Ripple(xrp)の追加購入 - 暗号通貨投資のポートフォリオ
売買その2:Ethereum(eth)の一部売却 - 暗号通貨投資のポートフォリオ
売買その3堅調な値動きが続くFactom(Factoid)を一部売却しました。 - 暗号通貨投資のポートフォリオ
売買その4:ビットコインの追加購入 - 暗号通貨投資のポートフォリオ


Eth、Fctは比較的いい位置で売却できました。
Xrpはここの所の連続売却で保有量が落ちていましたので追加で購入しました。
ビットコイン購入にはボーナスを充てました。

2、7月1日現在のポートフォリオ

本日時点でのポートフォリオはこんな感じです↓

        2017/7/1 13:40現在
  銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益 投資割合
№1 btc 4.613 4.613 4.613 0.00% 46.17%
№2 eth 6.617 0.105 0.739 605.12% 7.40%
№3 fct 73.660 0.229 0.710 209.68% 7.11%
№4 rep 69.656 0.347 0.798 129.98% 7.99%
№5 xcp 203.014 0.693 1.051 51.64% 10.52%
№6 xrp 10,392.770 0.566 1.039 83.64% 10.40%
№7 mona 1,307.077 0.380 0.451 18.60% 4.51%
№8 xmr 33.250 0.600 0.589 -1.87% 5.89%
    合計 7.5329 9.9900 32.62% 100.00%



特に目を引くのがモナコインの高騰です。

5月20日くらいからに急激に上昇しまして、ビットコイン建てでもこの1か月で3倍になっています。
半減期が意識されている事、ビットバンクでの取扱い開始といったプラス要因がありますが、ここまで暴騰する要因としては弱いですね。
主要アルトコインに比べ時価総額が小さいため、大口の買いで吹き上がりやすいのかもしれません。

モナコインの上昇に助けられ、ビットコイン建ての時価総額は先月からプラス19.9%の上昇でした。

f:id:cryptchallenger:20170701135453j:plain



ちなみに円建てでは前月比22%の上昇です。
f:id:cryptchallenger:20170701135254j:plain

 

というわけで、引き続き堅調な資産推移となりました。
ビットコインは引き続きフォークに関するごたごたが続いています。経過に惑わされず結果を確認してから対策をとればよいでしょう。
EthベースのICOはひと段落した観がありますが、分裂含みのビットコインの逃避先として引き続き注目です。
モナコインのようにある日突然吹き上がる銘柄がありますので、引き続き分散投資で臨みます。