暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

堅調な値動きが続くFactom(Factoid)を一部売却しました。

先週記事でも少し触れましたが、Factom(Factoid)の値動きが好調です。ビットコイン建て価格はこの一か月で2.7倍となっています。

f:id:cryptchallenger:20170620211455j:plain


価格上昇の原因ですが、特段ポジティブなニュースは無かったようです。
アルトコインの循環物色で吹き上がっていると考えています。

ポートフォリオにおけるFactoid比率が上がっておりましたのでここで一部をビットコインに戻しておきます。
今回は40fct(0.55btc位)を売却しまして残高はこんな感じ↓

      2017/6/20現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 4.1969 4.1969 4.1969 0.00%
fct 73.6603 0.2294 1.0221 345.56%


当「暗号通貨投資のポートフォリオ」ではアルトコインへの投資を7銘柄まで(ひよこにはこれ以上の銘柄数は管理できません)、単一アルトの投資比率はポートフォリオ全体の40%まで(過度な集中投資を避けるため)としています。

参考:投資方針【追記あり:2017年4月18日】 - 暗号通貨投資のポートフォリオ

追加投資を中止しているMonacoinを除く各アルトについては、価格が下がる局面では積極的に拾っていきたいと考えています。