暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

ビットコイン追加購入

国内の大手ビットコイン取引所bitFlyerにてビットコインを追加購入しました。

購入時点でのビットコイン価格は約11万円/btcです。中国発の取引所に対する中国人民銀行の検査や、一時的な出金停止のニュースを受けてもなお高い水準をキープしています。

 

今回は50,000円で0.43452btc購入しました。

 

2015年1月からビットコインをちょこちょこ買っており、今日までの累計で3.17btcを180,661円で購入しています。

1btcあたりの購入単価は56,930円となります。

損益はbtc建てで見ているので、懐に余裕があるときは円建て価格を気にせずビットコインを増やしていきたいと思います。

年内に追加で20万円程度をビットコイン購入にあてるつもりです。

ニュース拾い読みvol.6 中国人民銀行がBitcoin取引所に新たな警告を出す

中国人民銀行が9つの国内取引所に警告を発したとする声明を発表したようです。

www.coindesk.com

・人民銀行は、中国国内のビットコイン取引所がマネーロンダリング防止(AML)と外国為替規制を実施しなければならないことを繰り返し強調した。

・取引所が要件に違反した場合、人民銀行の検査チームは、法律に従って取引所を閉鎖するよう求める可能性がある。

・警告を受けた取引所は、信用取引と手数料ゼロ取引を制限することで一致している。

 

中国の国内大手3取引所(BTCC、Huobi、OKCoin)での信用取引の停止、手数料取引導入と同じ動きです。

ビットコインの値動きにどう影響するか要注目です。

投資状況(2017年2月)

2月時点の暗号通貨ポートフォリオをさらします。

評価額はbtc建てで、Blockfolioから転記しています。

        2017/2/2 10:20現在
  銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益 投資割合
№1 btc 0.6652 0.6652 0.6652 0.00% 27.75%
№2 eth 35.6309 0.5639 0.3828 -32.12% 15.97%
№3 fct 113.1068 0.3852 0.3913 1.57% 16.32%
№4 rep 69.1171 0.3466 0.2890 -16.62% 12.06%
№5 xcp 136.5144 0.4928 0.3797 -22.95% 15.84%
№6 xrp 28,423.9900 0.5015 0.1890 -62.32% 7.88%
№7 gemz 26,871.9282 0.3630 0.0672 -81.49% 2.80%
№8 mona 1,307.0771 0.3803 0.0329 -91.35% 1.37%
    合計 3.6986 2.3971 -35.19% 100.00%

前月よりも損失が拡大しました(´Д⊂

gemzが乱高下してますね。出来高が少なく、運営も停滞しています(開発マイルストーンは全て消化済ですが)のでメイン取引所であるbittrexから上場廃止が心配されます。

価格維持にはGetGEMZ内のコミュニティが活性化されることが必須ですが・・・

 

焼け石に水状態ですが、ほんの少しfctの価格が戻ってきています(・∀・)

 

前月のポートフォリオはこちらです。

投資状況(2017年1月) - 暗号通貨投資のポートフォリオ

 

 

ニュース拾い読みvol.5

今回はコインデスクより。

www.coindesk.com

・中国の中央銀行は、国内のビットコイン取引所を引き続き調査していく予定

中国人民銀行は、国内ビットコイン取引所(BTCC、Huobi、OKCoin)が提供する信用取引に問題を見つけ、より詳細に調査することとした

・検査は決済、マネロン防止、為替管理、情報と資産のセキュリティに焦点が当てられている

・人民銀行はビットコイン投資家に対しても法令遵守、市場の変動、資産保護などのリスクに注意を払うべきであると警告している。

・3つの主要取引所は既に信用取引の提供を停止し、新たに手数料取引を導入している。

 

中国の取引所が信用取引を停止したことでビットコインの取引量は大きく減少しているようです。

中国の投機マネーの収縮は短期的な価格にはマイナス要因と考えます。

しかし、投機マネー引き上げによるボラティリティの低下はビットコイン本来の使い勝手(国際送金、価値の保存 とか)の向上にはプラスと考えます。

 

引き続き要注目ですね。

ニュース拾い読みvol.4

今回はCCNから拾い読みです。

 

www.cryptocoinsnews.com

中国のBitcoin取引所は信用取引をやめ、手数料取引が再開。

 

HuobiとOKCoinは、中国人民銀行(PBOC)の要請に従い、信用取引の停止を正式に発表しました。

 

OKCoinのウェブサイト上では規制当局の要求に応じて、以下の対応を行うことがアナウンスされました。 

証拠金取引サービスは直ちに停止する。

・新しい証拠金取引はできなくなる。

・すでにあるポジションが強制的に決済されることはない。

・すでにあるポジションを清算後、新しい取引することができなくなる。

 

Huobiも、Weiboアカウント上で同様の声明を発表しました。

BTCChinaはすでに1月12日に信用取引機能の停止を発表しています。

 

人民銀行は、ビットコイン信用取引について十分なマネーロンダリング対策を取っていなかったことを問題視しているようです。

また、当局は取引所の証拠金取引ビットコインの急激な市場変動を引き起こしていると指摘しています。

 

現在も進行中の人民銀行の調査は、中国人のビットコイン投資への流れを変える可能性があり引き続き注目です。

ハードウェア・ウォレットが当たりました!

 

人気ビットコイン関連ブログ「なけなしのおカネで起業するか」さんの懸賞企画でハードウェア・ウォレットが当たりました(゚∀゚)!

 

なけなしのおカネで起業するか : プレゼント結果発表!

 

頂いたのは「Ledger wallet HW.1」

https://www.ledgerwallet.com/products

ビットコインのプライベートキーをデバイスの中に暗号化して保管するハードウェア・ウォレットは多額のビットコインを保管する際には必須アイテムとなります。

私のような零細凍死家にはもったいなすぎるアイテムです(;´∀`)

 

f:id:cryptchallenger:20170119144308j:plain

 

早速開封してみます。

 

f:id:cryptchallenger:20170119144644j:plain

 

説明書とリカバリーシートが入っています。以下のような内容です。

 

1.Chromeで、http://my.ledgerwallet.com にアクセス。 

2.オンラインガイドに従って、Ledger Walletアプリを導入して、ウォレットを初

  期化。

3.リカバリーシートを正しく記入して、大切に保管せよ。

4.セキュリティカードは、取引等の承認を行うために必要なもの です。安全に保

  管しましょう。

5.これで、安全にLedger Walletを使用できます。

 

早速試してみたいと思います。

改めて、なけ主さま、ありがとうございました(*_ _)

 

ニュース拾い読みvol.3

今回はThe Cointelegraphの記事を拾い読みです。

cointelegraph.com

みんなパニック?アナリスト、「FUD(Fear、Uncertainty、Doubt))」によるBitcoin ETF拒否を予測との記事。

*1

Needhamのスペンサー・ボガート氏は、Winklevoss兄弟のBitcoin ETFが2017年に承認される確率は業界における楽観的な見通しとは対照的に非常に低いと述べています。

規制当局がBitcoin ETFを不承認とする具体的な要因については記述がありませんが、氏は暗号通貨業界がETF承認に関する楽観的な見通し(「もし承認されたら」ではなく「いつ承認されるか」)を批判しています。

記事では承認に成功すればBitcoinに流入する投資が3億ドルを超えることとも書かれており、引き続き動向に注目です。ちなみにボガート氏はETFの成否に関わらずビットコインの見通しは明るいとも述べています。

*1:ちなみに「FUD」とは、他社製品の「不安、不確かさ、疑念」を煽ったり印象操作することで、自社の製品を優位に立たせようとするというマーケティング手法がもともとの意味ですが(ネガキャンみたいなものでしょう)。今はかなり広い意味で使われているようです。ここでは「新しい技術に対する不信・疑念」程度の意味合いでしょうか。