暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

下落相場の時こそ冷静でありたい

この1週間ビットコイン、主要アルトコインがだらだらと下げる展開が続いております。
私のポートフォリオの銘柄でも、、

Counterparty(xcp)           Factom(factoid)

f:id:cryptchallenger:20170627161704j:plain     f:id:cryptchallenger:20170627161949j:plain

 

あたりの下げ幅がでかいです。

 

この1週間ほど、円建ての暗号通貨価格が下落していて、最近始めた方の中には含み損をかかえてツライ状況になっている方も多いと思います。

 

日々下がり続けるチャートや、ビットコインのフォークをめぐるごたごたのニュースばかり見ていると、お先真っ暗となってしまうかもしれません。

 

そんな時は、視点をかえてみたり、長期的な視野に立ってみてはいかがでしょう?
とりあえず、さきほど1週単位で見ていたチャートのスケールを3か月単位にしてみましょう。

CounterParty(xcp)           Factom(factoid)

f:id:cryptchallenger:20170627162332j:plain     f:id:cryptchallenger:20170627162133j:plain

 

今回の下落なんて、大したことがないように思えてきましたよね!?

 

暗号通貨市場は騰落を繰り返しながら拡大しています。値がつかなくなってしまった銘柄もありますが、全体としては成長が続いています。

変動が激しい暗号通貨界隈では、過去の傾向がそのまま未来に続くわけではありませんが、長期的な視野を持っておくことは大事なことだと思います。

 

私の暗号通貨の投資スタイルは、投資テーマを分散させたポートフォリオのバイ&ホールド戦略です。

私には今の状態が、一時的なパニック売りに過ぎないのか、暗号通貨バブル崩壊の序章なのかは分かりません。

しかし、この戦略で大事なことは、銘柄選定時の目的と、運用方法を決め、それを継続することです。
思わぬ価格下落に遭遇しても、投資の目的を忘れずに、当初の運用方針通りに対処することが大切と考えています。
参考:投資方針【追記あり:2017年4月18日】 - 暗号通貨投資のポートフォリオ

参考:中年ひよこが保有する暗号通貨と、そのふんわりとした保有理由と今後の方針について - 暗号通貨投資のポートフォリオ


ところでワタクシ中年ヒヨコのメインの資産運用手段はインデックス型投資信託を複数銘柄保有して放置しておくという、とってもシンプルなものです。
これは「インデックス投資」と呼ばれるもので、ネット上には優れたブログや情報がたくさん転がっています。

 

特にインデックス投資のバイブルと名高い『ウォール街のランダム・ウォーカー』にこんな一節がありますので最後にご紹介しておきます。よく引用される一節ですが、何かの参考になれば。

大々的なパニックは、最も華々しいブームと同じように、理由がなにもないことが多い。どれほど見通しが暗かろうと、物事は徐々に快方に向かっていることが多いのである。株式市場を全体として見ると、常にニュートンの法則とは逆の方向に動いている。つまり、いったん下がったものは、必ずまた上がるのだ。

『ウォール街のランダム・ウォーカー』(バートン・G・マルキール著)

 

引用箇所は、広く分散された「株式」についての言及です。暗号通貨市場にそのままあてはまるものではありませんのでご注意ください。
※また本書は定期的に改訂が行われており、過去に発生したバブル―オランダのチューリップバブルや日本の土地バブル、アメリカの住宅バブル 等―の発生と崩壊の過程についても述べられています。ここに「暗号通貨バブル」が書き加えられないといいですね。

 

ウォール街のランダム・ウォーカー原著第11版 株式投資の不滅の真理 [ バートン・G.マルキール ]

価格:2,700円
(2017/6/27 16:37時点)
感想(0件)

【2017年5月申請→6月承認】1ヶ月掛けてGoogleアドセンスが承認されたので経過などを

待つこと1ヶ月、ついにGoogleアドセンスが承認されました (゚∀゚ )

2017年5月23日に申請を出し、同年6月22日に承認メールを受け取りました。

 

独自ドメインの取得を契機に、少しでもお小遣いが稼げればと妄想しながら申請したのですが、思いの外審査に時間がかかり悶々とした日々を過ごすことになってしまいましたw

私と同じく悶々と過ごしている方の参考になるか分かりませんが、経緯を書いておきます。

 

1,当ブログについて

まずは当ブログのインフォメーションを。

ジャンル:ビットコインを始めとする暗号通貨(仮想通貨)に投資して日々のトレードや資産の推移、気になるニュースを語るブログです。ジャンルとしてはまだまだマイナーと思います。

 

記事数:申請時38記事→承認時44記事

週1,2回の更新でしょうか。審査中もいつも通りの頻度で更新してました。画像やリンクはあちこちから引っ張ってきていますし、アフィリンクも貼ってます(全く収益になってませんが)

 

文字数:平均で600字くらい

1,000字を超える記事は一つしかありませんでした(この記事が2つめの1,000字超え記事です)。審査通過には1記事1,000字がボーダーとの意見が多く見られましたが、当ブログには当てはまりませんでした。

 

プライバシーポリシー:無し

通過後は設置が必要なようですが、審査段階ではなくても大丈夫なようです。

 

2,独自ドメインの取得と申請スタート

2017年5月23日に独自ドメインを取得し、その流れでアドセンスに申請を行いました。

 初めてのブログ運営でなにも分からない状態でしたが、下記の記事が分かりやすく独自ドメインの取得方法について書かれており、参考になりました。ありがとうございましたm(_ _ )m

www.mutant-tetsu.com

 

 

3,2次審査(?)ヘッダーにリンクを貼ってひたすら待ちます

独自ドメインを取得したらGoogleアドセンスにアクセス、住所や電話番号、ブログアドレスを手順に従って入力。するとすぐに

AdSense をサイトに導入するには、AdSense トップページからコードをコピーして、お客様のサイト「http://www.cryptochallenger.com」の HTML の <head> タグの直後に貼り付けます。
ヒント: コードは必ずトラフィックの発生しているページに貼り付けてください。

とのメールが。機械による1次審査があると聞いていたのですが、私の場合は特になかったです。

 

はてなブログの場合は「設定」→「詳細設定」で「headに要素を追加」欄にコードを貼り付ければOKです。

 

4,画面が変わって、また戻った!?

ここからが長かったです。この記事を読んでいる方も多くが同じ状態と思います。

ヘッドにコードを貼り付けて、アドセンスにログインしてみると、、

f:id:cryptchallenger:20170622211612p:plain

↑こいつです。3日で終わると言いながらこの画面がずーっと続きます。

私は申請から10日経ったところで問い合わせフォームに連絡を入れました。

また3,4日して見てみると、、

f:id:cryptchallenger:20170622212247j:plain

なんか画面が変わりました!しかも1日足らずでアカウントが準備されるって!!

ちなみにこの画面も3,4日続いたと思います(なんだったんだろ・・・)

そして、、、

f:id:cryptchallenger:20170622211612p:plain

またもとの画面にもどりました(´;ω;`)

 

5,承認

審査中の画面がころころ変わって混乱しましたが、結局もとの画面に戻ってから10日ほどしてアカウント承認のメールが届きました。

f:id:cryptchallenger:20170622212903j:plain

というわけで、1ヶ月かかりましたが、無事アドセンスのアカウントを取得することができました。

アドセンスの審査基準は頻繁に変わるらしく、少し前の情報でも既に古くなっている可能性があります。審査手順について調べる場合はなるべく最新の情報を検索するようにしましょう。

以上、ブログ初心者が書いた駄文でもアドセンスの審査は通るという記事でした。

 

今後とも当「暗号通貨投資のポートフォリオ」をよろしくお願いいたしますm(*_ _)m

堅調な値動きが続くFactom(Factoid)を一部売却しました。

先週記事でも少し触れましたが、Factom(Factoid)の値動きが好調です。ビットコイン建て価格はこの一か月で2.7倍となっています。

f:id:cryptchallenger:20170620211455j:plain


価格上昇の原因ですが、特段ポジティブなニュースは無かったようです。
アルトコインの循環物色で吹き上がっていると考えています。

ポートフォリオにおけるFactoid比率が上がっておりましたのでここで一部をビットコインに戻しておきます。
今回は40fct(0.55btc位)を売却しまして残高はこんな感じ↓

      2017/6/20現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 4.1969 4.1969 4.1969 0.00%
fct 73.6603 0.2294 1.0221 345.56%


当「暗号通貨投資のポートフォリオ」ではアルトコインへの投資を7銘柄まで(ひよこにはこれ以上の銘柄数は管理できません)、単一アルトの投資比率はポートフォリオ全体の40%まで(過度な集中投資を避けるため)としています。

参考:投資方針【追記あり:2017年4月18日】 - 暗号通貨投資のポートフォリオ

追加投資を中止しているMonacoinを除く各アルトについては、価格が下がる局面では積極的に拾っていきたいと考えています。

【祝10BTC】ポートフォリオの時価評価額が10BTCを突破しました!

ドル建てのビットコイン価格は先週の水・木にかけて大きく下落しましたね。アルトコインもビットコインに引きずられる形で下落し、界隈では「バブル崩壊か!?」といった発言もちらほら。

アルトコインが7割を占める当ポートフォリオも「円建て」では一時20%以上評価額を落としました。

この1週間の円建て評価額の推移です。300万円を天井に一時は220万円を下回りました↓

f:id:cryptchallenger:20170619091211j:plain

 

ところで、再三にわたり言及していますが当「暗号通貨投資のポートフォリオ」の投資成績は全て「ビットコイン建て」で見ております。

参考:投資方針【追記あり:2017年4月18日】 - 暗号通貨投資のポートフォリオ

 

(今現在の)暗号通貨の基軸通貨であるビットコインを増やすことを目標にした投資ですね。

というわけでこの1週間の「ビットコイン建て」の評価額の推移です↓

f:id:cryptchallenger:20170619091415j:plain

 

ついに評価額が10BTCを超えました(゚∀゚ )

Factom、Counterpartyの堅調な値動きが評価額を押し上げています。

Block-Folioで計測を始めた2016年6月22日には0.95BTCしかなかったので隔世の感がありますね↓

f:id:cryptchallenger:20170619090820j:plain

 

 

当時はビットコイン価格が低調で、neucoinで大損したり、投資していたクラウドマイニングサービスで連絡が着かなくなったり、羊を育てるハイプゲームに突っ込んだりしてましたw

 

ビットコインは引き続き分裂含みで不安定な様相です。

憶測やごたごたした経緯に惑わされず、確定したソースを基に投資行動を決めていけばいいと思います。

万が一ビットコインが分裂した場合、私は分裂後のビットコインで主要な取引所・ウォレットが支持するチェーンを引き続き暗号通貨の基軸通貨とみなして投資を継続していきます。

Ethereum(eth)の一部売却

本日、ビットコイン価格が一時3,000ドルに乗せました。

www.nikkei.com

現在は反落してますが、それでも2,750ドルちょいです。

とはいえビットコインにはBIP148といわれるソフトフォークが控えており、ビットコインのブロックチェーンが分岐するリスクが有り波乱含みのようです。

doublehash.me

万が一ビットコインが分岐した場合でも、当「暗号通貨投資のポートフォリオ」ではそのどちらかを引き続き「暗号通貨の基軸通貨」と見なして保有を継続します。

今のところはSegwitがアクティベートされるであろうBIP148チェーンを支持すべきかと考えています。

 

なんだかきな臭い情勢のなかEthereum(eth)がいい感じに上昇しています。

f:id:cryptchallenger:20170612204808j:plain

上昇の理由について界隈で言われている意見は2つ。

①分裂含みのビットコインからの逃避

②EthereumベースのICO案件が多く控えているため需要が伸びた

だそうです。

 

ヒヨコ的には、単にここ最近のアルトコイン循環物色の資金が回ってきているだけのように思えてなりません。

 

・・・根拠はありませんが

 

さて、今回は4eth(0.548btc位)を売却しまして、残高はこんな感じ↓

      2017/6/112現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 3.6438 3.6438 3.6438 0.00%
eth 6.6170 0.1048 0.9084 766.63%

 

ついにポートフォリオの円建ての時価総額が300万円を超えました。

このまま上昇相場が続くといいのですが・・・

 

 

Ripple(xrp)の追加購入

大きく上昇したRippleですがここに来て調整が始まっているようです。

ここで逆張り的に追加で購入しておくこととします。

ちなみに私のこの1ヶ月のxrp売買履歴を振り返るとよく分かりますが、私の勘は当たりません、、まねしない方がいいですw

 

f:id:cryptchallenger:20170611095817j:plain

4回目の売却はどんぴしゃでしたが、1・2回目はもう少し我慢すべきでしたね。

 

とにかくトレードが下手な私は購入も売却も資金を少しずつ投入することにしています。今回もさらなる調整(暴落)があるかもしれません。

 

今回は0.45btcで5,053xrpをお買い上げです。

・・・それにしても0.45btcって今12万円以上するんですね(・・;)。だんだん金銭感覚が麻痺してきますねw

 

購入後の残高はこんな感じ↓

      2017/6/11 現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 3.0948 3.0948 3.0948 0.00%
xrp 10,392.7700 0.5658 0.9255 63.57%

xrpは前回購入よりもかなり高い位置での追加購入となりましたので、損益が悪化しました。

さらに価格下落があるようなら追加購入を検討します。

Factom(fct)が謎の高騰

ビットコインが再び上昇モードです。

一時2,850ドル、日本円で31万円を突破しました。現在は2,750ドル程度です。

 

ボーナス資金でビットコインの追加購入を目論む私としては、もう少しゆっくりと価格上昇してもらいたいところです(´・ω・`)

 

ビットコイン価格の上昇の要因は、少し古いニュースですが、下記でしょうか。

www.coindesk.com

中国の主要暗号通貨取引所においてビットコインの引き出しは、中国人民銀行の査察のため凍結されていましたが、先日解除されたとのこと。

出金解除で、中国でビットコインの買いに安心感がでた、といったところでしょうか。

 

急激にビットコイン価格が上昇する局面では、アルトコインが下落する傾向が強いですが、当「暗号通貨投資のポートフォリオ」保有銘柄であるFactom(fct)が急激に上昇しています。

 f:id:cryptchallenger:20170608215637j:plain

スクショはビットコイン建てのものです。1週間で80%以上上昇しています。特段ニュースはなかったようですが、、

ポートフォリオ全体の時価総額もFactomに引っ張られる形で9btcを突破しました

(゜∀゜)日本円で280万円位ですね。

 

主要なオルトコインが定期的に物色されて吹き上がっているようです。吹き上がった銘柄はタイミングを見計らって売却し、暴落局面に備えたいところ。