暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

Bitcoin CashのIOUについて思う事

8月1日にハードフォークが行われ、生まれる予定のBitcoin Cashですが、すでに中国の暗号通貨取引所のViaBTCで取引されており、BCC / BTCの板が立っています。

もちろん本物のBCCではなく、将来的にBCCとの交換が約束された別種のトークンと位置付けられます。BCC(仮)とでもいいましょうか。

いままでもICOで発行されたトークンが取引所に上場される前に先物(IOU)として取引される例は多くありました。

あくまでもICOが行われ、実際に発行されたトークンの先物として、です。

 

今回の事例が特異なのが、BCCがこの世にまだ存在しないにもかかわらずトークンが発行され、取引が成立している点です。
そもそも本当に8月1日にハードフォークがなされ、BCCが生まれるかも定かではないのに、です。

f:id:cryptchallenger:20170726140958p:plain

ユーザーは、Bitcoinを取引所にデポジットすることで、Bitcoin Cash(仮)を入手することができます。BTCデポジットは8月1日にユーザーに返却されるようです。

 今回のBCC(仮)の上場はViaBTCによるBitcoin Cashの宣伝とみてよさそうです。
(そもそも自身がマイニングプール運営大手であり、BCCへのハードフォークを支持する立場を示しています)

 

24時間の取引高は300BTC弱程度で、徐々に出来高が増えているようです。

最新の価格は、1BCC(仮)=0.15BTCですが、まだこの世に存在していないBCCの先物としての期待感を正確に表しているか多いに疑問です。

f:id:cryptchallenger:20170726143014p:plain

そもそも、ビットコインを持っている人はBCCを取得するためにViaBTCにビットコインを預ける必要はありません。

既存のBitcoinウォレットにビットコインを入れておけば、8月1日にはBCCがもらえています。

使っているウォレットがBCCに対応しない場合でも、対応するウォレットに秘密鍵を入力すれば取り出せるはずです(多分)。

現状のBCC(仮)価格は私が思っている以上に高いですが、今あわてて対応を行う必要はないと考えます。

 

中年ヒヨコのビットコイン分裂への対応について

ビットコインにおいてBIP91がロックインされました。23日に有効化されるそうです。

f:id:cryptchallenger:20170721125338p:plain


とはいえ、確実にSegwitの採用が決まったという訳ではないようです。

btcnews.jp

しかし、8月1日のビットコインの分岐問題はずいぶんシンプルになりました。

経緯はごたごたあったようですが、基本的には結果だけ押さえておけばOKだと思います。

1、結局、ビットコインのブロックチェーンは2つに分かれます。

① ビットコイン(BTC):BIP91と呼ばれる改善提案を取り込んでおり、Segwitが実装される予定。

※BIP91はSegwitを採用しやすくするための提案(マイナーの承認を95%から80%に引き下げる協定的なもの)。
※Segwitはビットコインのブロックサイズを「実質的」に2MBにする技術。 特にBIP91に基づくSegwitはSegwit2xと呼ばれるが実質的に同じもの。ただし、Segwit採用の数か月後にブロックサイズ拡張のハードフォークが予定されている。

 

② ビットコインキャッシュ(BCC):ビットコインから分岐する新しいコイン。ブロックサイズの拡張を志向しているようです。
対応するウォレットや、取引所内にビットコインを持っている人には同量のビットコインキャッシュが貰えます。

 

とってもシンプルですね!

 

2、分裂後の投資方針

当「暗号通貨投資のポートフォリオ」は、
① パイオニアであり
② トップの時価総額があり
③ 最も幅広いユースケースがあること、

の3点からビットコインを暗号通貨内における基軸通貨とみなしており、アルトコインへの投資や投資成績の管理をビットコイン建てで行ってきました。

 

市場価格がどう動くか全くわかりませんが、分岐後はビットコインとビットコインキャッシュのハッシュレート高の比率に引っ張られる形でビットコイン価格は一時的に減少しそうです。

 

しかし、最終的な市場価格を決めるのは市場に参加する投資家であり、実際にビットコインを利用するユーザーです。

 

私は分岐後のビットコインであっても上記3点が揺らぐことは無いのではないかと勝手に想像していますので、引き続きビットコインを基軸通貨と見なした投資を続行します。

8月1日にはビットコインキャッシュが付与されますが、当ポートフォリオはアルトコインの投資対象を7銘柄までとしています。

あまり難しいことは考えず、全部ビットコインに替えちゃうことにします。

下記の資料を読む限り、国内最大手のビットフライヤーではBCCを扱えそうです。

https://bitflyer.jp/pub/announcement-regarding-august-fork.pdf

8月1日以降のビットコインには引き続きブロックサイズの拡張を巡る分裂リスクがあります。

これからもビットコインの動向に注意する必要がありそうです。

Ethereum(eth)の追加購入

ドル建てのビットコイン価格下落が止まりません(゚ο゚)

この1週間で3割近く下落して現在1,830ドル近辺です。5月中旬の値段に戻ってしまいましたね。

 

当「暗号通貨投資のポートフォリオ」はこの1週間でマイナス36%、95万円以上の時価総額が溶けて無くなりました\(^o^)/

ちなみにビットコイン建てではこの1週間でマイナス10%です。

アルトコイン→ビットコインによるアルトの価格下落より、ビットコイン→フィアット通貨の流れが強いようです。

 

下落の流れがどこまで続くか私には判断できませんが、ここいらでEthereum(eth)を追加購入することにします。

1ヶ月ほど前に売却を実施して以来のイーサリアムの取引になります。

Ethereum(eth)の一部売却 - 暗号通貨投資のポートフォリオ

 

この1ヶ月でビットコイン建てで50パーセント近い下落となっていますね。

f:id:cryptchallenger:20170716220350p:plain

今回は0.4btcで5.3ethを購入しまして残高はこんな感じ。

      2017/7/16現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 3.849
fct 11.928 0.505 0.897 77.65%

 

一方的な下落が続く暗号通貨市場ですが、私は引き続き買い目線で頑張ります。

Factom(factoid)の追加購入

暗号通貨マーケットから資金が抜けているようです。

下のチャートはCryptoCurrency Market Capitalizations の暗号通貨時価総額の推移を示したチャートです。

f:id:cryptchallenger:20170711195443p:plain

 

1000億ドルを天井に現在は800億ドルちょいです。

この1週間で200億ドル(2.1兆円!)が暗号通貨からフィアット通貨(米ドルや日本円)に流れてしまっております。

原因はよく分かりません。
主要アルトコインはほぼすべて下落しております。

f:id:cryptchallenger:20170711195901p:plain

直近で上昇した暗号通貨を利益確定させる動き、ICOで調達した暗号通貨をフィアット通貨に替える動き、急激な下落に伴うパニック売りといったところでしょうか。

 

当「暗号通貨投資のポートフォリオ」も下落の直撃を受けており、この24時間だけでもビットコイン建てで8%、円建てでは9%近い下落率となっております。

 

そんな中ではありますが、Factomを追加で購入しております。

 

昨日、ナンピンは慎重にね! なんて記事を書いたばかりではありますが、さらに下落が続くようなら数回に分けて購入を続けるつもりでいます。

 

今回は0.4btcで62fct購入しまして、残高はこんな感じ↓

      2017/7/11現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 4.249
fct 135.062 0.629 0.858 36.34%

 

この3ヶ月ではもっとも大きな下落と思いますが、当ポートフォリオ全体ではまだ含み益が乗っています。
アルトコイン下落の局面では臆せずに購入に回りたいと思います。
また、年内に15万円ほどを追加でビットコイン購入に回す計画です(お金がないので冬のボーナスを突っ込むことになりそうですが)。

暗号通貨市場は上に行くときも下に行くときもダイナミックな値動きです。生活に支障の出ない範囲で楽しみましょう。

保有銘柄のナンピン買いについて

ここ1週間ほど主要アルトコインが下落傾向です。
当「暗号通貨投資のポートフォリオ」においてもこの3日間にビットコイン建てで15%以上値下がりした銘柄が複数あります。

 

Ethereum

f:id:cryptchallenger:20170710101730p:plain

Counterparty

f:id:cryptchallenger:20170710101922p:plain

 

当ポートフォリオは昨今のアルトコインの上昇の際にビットコインの保有割合を高めており、アルトコインの買い付け余力があります。

 

参考:7月1日時点のポートフォリオ

 

保有株が値下がりすると、買い下がり(ナンピン買い)をして買付単価を下げたくなります。

しかし、この程度の値下がりではひよこは追加購入に踏み切りません。

 

暗号通貨の場合は上昇時も下落時も一方的に大きく動く傾向が強い印象があります。
買った後でさらに価格が下がると雪だるま式に損失が増えるリスクがありますので、買い下がりは慎重に行いたいです。

 

ざっくりとした例えでいうと、Aというコインを1,000円で1,000枚保有していたとして、株価が800円になったときに追加で1,000枚買うのは早すぎです。

 

暗号通貨は短期間に価格が半分になったり2倍になったりします。

 

500円まで下げたときにはじめて1,000枚買うくらいのイメージが暗号通貨投資には合っている気がします。

この例の場合、800円で1,000枚買い増しした際の平均買付単価は900円にしか下がりませんが、500円で1,000枚買い増しすると、平均買付単価が750円まで下がります。

 

もちろん銘柄選定時の目論見が外れて大暴落した場合は即座に損切りします。
私の場合は、開発の停止、取引所の上場廃止、保有銘柄とのパフォーマンス比較、その他(とか)の基準を組み合わせ損切り基準を設定しています。

また、保有銘柄とのバランスを見て、下落幅が少ない時や価格上昇局面での追加購入も行うことがあります。

 

この2か月ほど主要なアルトコインは一方的に上げ続けてきましたが、ここにきて流れが変わってきているような気がします。
大損するリスクと隣り合わせの買い下がりは勇気が要りますが、自分なりのルールを決めて実行したいものです。

暗号通貨投資の成績はきちんと確認しときましょう

私は2015年からちまちまとビットコインを購入しており、2017年1月から「暗号通貨投資のポートフォリオ」として運用状況をブログで公開しています。

暗号通貨投資の開始当初から、日本円の投入金額とビットコインの購入総量をメモしており、ビットコインの平均購入単価が分かるようにしております。
ちなみに当記事執筆時点では14回(総額およそ30万円)に分けて3.59btcを購入しており、1btcあたりの買い付け単価は83,620円となっております。

参考記事:ビットコインの追加購入 - 暗号通貨投資のポートフォリオ


また、ビットコインからアルトコインを購入する際も、買い付けにまわすビットコイン数量をメモしてアルトの平均買い付け単価と、ビットコイン建ての損益状況が分かるようにしています。
ちなみにアルトを一部だけ売却してビットコインに戻す時は「投資額(ビットコイン建て)」から「平均買い付け単価(ビットコイン建て)×売却するアルトの枚数」を減算し、購入単価が狂わないようにしています。

目的は2つあります。

 

1、 将来の納税に備える
たびたびブログで言及していますが、私は保有する暗号通貨を当面フィアット通貨(日本円)に替えるつもりはありません。
しかし将来、日本円に替える可能性はゼロではありません。その際、儲けた部分については納税が必要です。

仮想通貨(暗号通貨)の納税の在り方についてはまだ明確なルールが定められておりません(雑所得か譲渡所得なのかすら判然としません・・・)。
課税のタイミングについてもまだ公式な見解が固まっておりませんが、
「日本円での暗号通貨の買いと、暗号通貨を売却して日本円にする際の差額に課税される」可能性が高いです。

私が今手持ちの全ての暗号通貨(時価評価額290万円位)を全額日本円に替えた場合、取得価格である30万円との差額について課税されるという事ですね。

通常の有価証券投資であれば、平均取得単価も、含み損益も全て証券会社が計算して
くれます。特定口座の場合は納税までやってくれます。

しかし、暗号通貨にはそのようなサービスがありませんので、自分がいくらで暗号通
貨を買い付けて、いくら儲けたのか、損したのか、を自分で把握する必要があります。

少なくとも日本円の合計投入額ぐらいは把握しておくべきでしょう。


2、運用状況を確認するため

投資成績を確認せずに暗号通貨の売買を繰り返すと、その銘柄の平均買い付け単価が分からなくなります。
結果、少ない含み益で利益確定したり、大きな含み損で損切りしたりするリスクがあります。

(というか平均買い付け単価が曖昧だと含み益も含み損も分からないです)

また、成績管理が出来ていないと、せっかく暗号通貨投資で1千万円、1億円目指そうなどといった目標をたてても、銘柄選定やトレードの結果に対する振り返りができません。
結果的に目標達成に向けたアクションを取ることができません。

 

というわけで、投資成績をきちんと記録しましょうという記事でした。
個人的に、投資成績は月次で締めて確認していくのがいいと思っています。
週次や日次で計算するのは大変ですし、投資目線が短期に偏りがちになります。

税制に関する情報は私の駄文をうのみにせず、きちんと最新のソースを確認してください。
投資成績を記録に残していく備忘録として投資ブログはかなり有効なツールです。
損した時も書かなきゃならないのですが。

Stellar(Lumen)を売却

ギブアウェイプログラムに参加してStellar(Lumen)をゲットしました。

 

1,とりあえずプログラムに参加

某有料サロンにやり方が載っているらしいのでやり方の詳細は書きませんが、基本的には

Bitcoin-Lumen Program - Stellar

にアクセスしてガイダンスに従って作業すればOKです。

私はウォレット経由で手続きしました。

f:id:cryptchallenger:20170702171131p:plain

 

Facebookと紐付け

アカウントのIDとシークレットキーを発行

お手持ちのビットコインアドレスを入力

出てきたメッセージに署名(これはビットコインウォレット側で操作します)

f:id:cryptchallenger:20170702173021j:plain

これはBlockchain.infoで操作した画面です。

メッセージ欄にStellar側のメッセージを入れると署名が出てきます。

署名を入力すると、、

成功です。

f:id:cryptchallenger:20170702173601j:plain

申請したアドレスは基準日時点で4.04btcあったので、3,946xlmが配布されました。

 

 

2,さっそくビットコインに

3,946xlmは本記事作成時点で1万円になりますのでちょっとうれしい金額ですね。

残高の確認には Stellar Account Viewer を使いました。

最初に発行したシークレットキーを入れるだけでOKです。送金にも使えます。

 

あまりたくさんの銘柄に投資すると管理が大変ですので、当「暗号通貨投資のポートフォリオ」ではアルトコイン投資を最大7銘柄に制限しています。

参考:投資方針【追記あり:2017年4月18日】 - 暗号通貨投資のポートフォリオ

 

きちんと調べたわけではありませんが、投資テーマ的にもRippleと被りますので頂いたルーメンはビットコインに替えてしまいました(0.039BTCくらい)

全量売却後のビットコイン残高はこんな感じ↓

      2017/7/2現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 4.651

 

 

今後も貰えるものはもらっていくスタンスでいきます (゚∀゚ )