暗号通貨投資のポートフォリオ

独自の投資観(勘)による基づく暗号通貨資産の推移(末路)を備忘録として書きとめます。

中年ヒヨコは仮想通貨FXをやりません(っていうかヘタクソだからできません)っていう話。

ギャンブル依存症のイラスト

ここのところ仮想通貨FXを提供する業者が話題になっているようです。

 

 ココとか↓

coin.z.com

 

そもそもFX業界は、手持ち資金の何倍もの資金を動かせる「レバレッジ」の高さを売りとしていました。

しかし金融庁の規制により順次レバレッジの上限が規制され(2010年位までは50倍までいけました)、現在はレバレッジ上限が25倍に規制されています。

 

さらなる引き下げも検討されているようです。 toyokeizai.net

 

そうした規制の下で各社ともレバレッジの高さを売りにはできなくなってしまったなか、ボラテリティの高いビットコインは魅力的な銘柄なのでしょう。

同じ倍率のレバレッジで取引していたとしても「ドル-円」と「ビットコイン-円」では後者のペアの方がより大きな値動きが期待できますからね。

 

暗号通貨を扱うブログでもFXにチャレンジする記事が目に見えて増えています。

 

が、

 

中年ヒヨコは仮想通貨FXをやりません。

 

私は、暗号通貨の購入はあくまで「投資」であって、「投機」にはならないように心がけています。

 

暗号通貨の世界でいえば、各プロジェクトの開発状況などで、「何かを生み出している」、「何かを生み出そうとしている」ものに対して出資することが「投資」で、短期的な需給を利用した短期売買を「投機」だと考えています。

 

なので、レバレッジを活用して短期(数分~数日)で利ザヤを抜くFXは「投機」と切り分けて、手掛けません。

 

「投資」も「投機」も儲かったり、損をするリスクは同じようにあります。

FXが悪とは全く思っていません。むしろ暗号通貨市場に新規参入者や流動性を提供してくれるのでプラスの側面が強いと思ってます。

 

ここら辺は個人の主観によるかと思いますが、投資の失敗であれば要因(プロジェクト自体の瑕疵だったり、購入時の価格が割高だったり様々あります)を自分なりに考えて銘柄の選定方法や、購入のタイミングを変更するなど、次回以降の改善につなげることができます。

 

一方、ハイレバで細かく売買を繰り返して利ざやを狙うFXは、短期ではまったく想定外の要因で大きく変動します。

相場に張り付くタイプの人であれば対応できるかもしれませんが、私のようなどんくさい投資家は値動きに上手く乗ることができないし、失敗しても原因を考える時間もありません。失敗に納得感が得られにくいのです。

 

要するに、FX、苦手なんです\(^o^)/

 ・・・・・・・・

ちなみに私は過去に、FXで得られる金利相当の収入(スワップポイントって言います)目当てに円売り、某国の新興国通貨買いのポジションを取った挙句、円高局面で50万近くロスカットをした経験があります。

 ・・・・・・・・

 

短期的な暗号通貨の値動きは私には分かりません。

ここ最近界隈で話題になっているビットコインゴールドのフォーク、Seg-Wit2x開発中止に伴うビットコイン価格の急変動に私は何の手立ても打てませんでしたw

(忙しかったし)

 

けど、一つだけ確信している事があります。

 

それは、暗号通貨市場は騰落を繰り返しながら拡大してきたし、今後も成長するであろうということです。

暗号通貨全体の時価総額を示すチャートを見れば一目瞭然です。 

f:id:cryptchallenger:20171114204737p:plain

全体としての市場は成長するんじゃなかろうかと思っているのですが、どの通貨が生き残るのかははっきり言って分かりません。

 

 そんな私は投資テーマを分散させたポートフォリオのバイ&ホールド戦略で今日もまったり暗号通貨市場に参加してます。

 

 株や為替から入って来た方、ビットコインはレバ1倍ロング(要するにただ持ち続けてるだけ)でも十分スリリングですよ

Factom(factoid)の追加購入

f:id:cryptchallenger:20171101195231p:plain

先ほどブログを更新したばかりですが、ドル建てビットコイン価格の上昇が止まりません。記事を書いている時点で6,600ドルに迫る勢いです。

ビットコイン建てのアルトコイン価格が下落していますので、ここでFactom(factoid)を追加購入します。

Factomの購入は40日ぶりです。

www.cryptochallenger.com

今回は0.3BTC分(22万円!)で145FCT追加購入しまして、取引後の残高はこんな感じ↓

      2017/11/1現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 2.843
fct 364.608 1.279 0.729 -43.00%

この2ヶ月は素直にビットコインを握っているのが1番パフォーマンスがよかったはずです。ここでアルトに資金を突っ込むのは正直勇気がいりますね。

 

アルトのターンが来ることを信じてここは我慢です。

【ビットコイン建てマイナス16%】資産状況(2017年10月)【円建てプラス25%】

11月に入りました。早いもので今年もあと2ヶ月ですね。

毎月恒例、当「暗号通貨投資のポートフォリオ」の資産状況をさらします。

前回の資産状況はこちら

 

1、10月振り返り
10月はなんといってもビットコインが大きく上昇しました。この記事を書いている時点で6,400ドルを超えており、最高値を更新し続けています。

f:id:cryptchallenger:20171101175753p:plain

ビットコインへの投資比率が高い方はウハウハな1ヶ月だったのではないでしょうか!?


当ポートフォリオ構成銘柄ではモナーコインが大きく上昇し、国内コミュニティはお祭り騒ぎとなりました。

www.cryptochallenger.com


現在は1Mona=340円程度で安定していますね。一連の上昇劇で国内外での注目度が上がったでしょうし、新しい取引所への上場等、ポジティブなニュースがあればもう一上げありそうです。


当ポートフォリオでは爆上げしたモナーコインの売り買いの他に2銘柄を購入、計4回の取引を行いました。

記事1 :Monero(Xmr)とAugur(Rep)の追加購入(10/9)
記事2 :モナーコインの一部売却(10/13)
記事3 :モナーコインの追加購入(10/15)

10月はビットコイン売り、アルトコイン買いがメインでした。
残念ながらビットコインの上昇にアルトはついて行けず、結果的にはビットコインで保有し続けていた方がパフォーマンスは良かったです(ノ△・。)

 

2、11月1日現在のポートフォリオ

本日時点でのポートフォリオはこんな感じです↓

      2017/11/1 17:35現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益 投資割合
btc 3.144 3.144 3.144 0.00% 44.92%
mona 1,505.317 0.585 0.688 17.61% 9.83%
xmr 45.700 0.807 0.619 -23.25% 8.85%
xrp 19,353.300 0.929 0.600 -35.47% 8.57%
rep 212.338 1.097 0.590 -46.27% 8.42%
eth 11.928 0.505 0.560 10.89% 8.00%
fct 219.906 0.979 0.492 -49.72% 7.04%
xcp 203.014 0.693 0.306 -55.82% 4.37%
  合計 8.7386 6.9981 -19.92% 100.00%


ながらく影の薄かったモナーコインが大きく評価額を上げています。
他のアルトコインは全体的にパッとしませんね。

f:id:cryptchallenger:20171101175625p:plain
ビットコイン建ての時価総額は先月からマイナス16%と大きく下落しました。2ヶ月連続の下落ですね。

 

ちなみに円建てでは前月比プラス25%。ドル建てのビットコイン価格の上昇によって堅調でした。

f:id:cryptchallenger:20171101175515p:plain

アルトコインは最近元気がありません。
しかし私は引き続き暗号通貨の基軸であるビットコインを増やすため、アルトコインを組み込んだポートフォリオを維持していきます。

アルトのビットコイン建て価格をにらみながら、大きく値下がりする局面では積極的に買い増していきます。

【イーサリアム版セカンドライフ!?】Decentralandってなんぞや

                f:id:cryptchallenger:20171018125259p:plain

暗号通貨界隈の情報を眺めていたら気になるプロジェクトを見つけましたのでメモメモ。

decentraland.org

イーサリアムのブロックチェーンを用いた仮想空間を作るプロジェクトのようです。
8月に行われたICOでは、VR空間内で土地購入やコンテンツの決済に使える「MANA」というイーサリアムトークンが売りに出され、10秒かそこらで2,550万ドル(28億円!)を調達したようです。

uploadvr.com

Decentraland内の仮想空間に土地を購入して、そこにモノを配置したり、コンテンツの販売やゲームをつくったりもできます。
作成されたコンテンツやアプリケーションを収益化することもできます。

 

・・・・・・・

これを聞いて思い出すのは2000年代初頭に一世を風靡した「セカンドライフ」ですね。企業がPR用に土地を購入したり、カジノができたり、アダルティーなアバタ―と☓☓できたりと、一時話題となりました。

当時大学生だった私もアバタ―を作ってみましたが、手持ちの貧弱なノートパソコンではスムーズに動かせず、結局すぐにやめてしまいましたw
ブーム期ほどの熱狂はありませんが現在もサービスが続いているようです。

・・・・・・・

 

Decentralandはイーサリアムのブロックチェーンを使って構築されているので運営企業による活動の制約(ソフトウェアの規制、土地のコンテンツ規制、通貨規制、アクセスを制限 等)や、サービス停止のリスクがありません。
土地はイーサリアムのスマートコントラクトで管理されていますので、所有権が明確で、簡単に移転可能なデジタル資産になる可能性があります。
土地は「LAND」という単位でMANAで購入できる予定です
現在最初の土地購入に向けた登録が始まっています。

blog.decentraland.org


オブジェクトやコンテンツの作成には今後配信される専用のゲームエンジンが必要となるので現状、一般人が土地に何かを作るのはハードルが高そうです。
面白いコンテンツを作れるプログラマーがDecentralandにどれだけ集まるかが成功のカギとなりそうですね。

参加者が増えてLandやコンテンツの決済が増えれば自然とMANAの価値も上がりそうです。

うまく参加者が増えれば面白そうですが、過疎ると一気に廃れてしまうリスクもありますが。

個人的にこういった箱モノ系ゲームは大好物なので、要注目です。

 

ちなみにMANAは既に複数の取引所に上場しています。購入するのであればMANA/BTCの取引量が1番多いBittrexでの購入が良さそうです。

絶賛下落中なので自己責任ですよ(ゝω・)

ビットコインが今後4ヶ月で27,000ドルを超える!?

記事を書いている時点でのビットコイン価格は5,640ドル台。最高値からは若干調整していますがそれでも高値圏でもみ合っています。

f:id:cryptchallenger:20171017130956p:plain

さて、数日前こんなニュースがありました。

www.cryptocoinsnews.com

ビットコイン投資家で起業家でもあるTrace Mayer氏はビットコイン価格が2018年2月までに$27,395になると予想しているとのこと。

氏は200日移動平均線を基に長期的なビットコイン価格の予想を試みているいるようです。

 

ツイッタ―や掲示板で界隈を眺めている感じでは、暗号通貨の価格判断にテクニカル分析を用いている方はかなり多いようです。

現状の暗号通貨相場にはファンダメンタルもくそも無いので当然と言えば当然ですが。

ビットコインは割と移動平均やボリバンといったテクニカル要因に素直な値動きをしている印象があります。

 

とはいえ、Mayer氏自身はビットコイン最初期からの投資家であり、生粋のビットコイナーでありますので、その辺りは割り引いて考える必要があると思います。


昨今のビットコインの価格上昇は日本や韓国からの資金流入、SegWit2xハードフォークに絡む思惑(HFされた新通貨がもらえるかも!?)、などなど様々な要因が語られていますが、案外チャートの形だけを見て買ってる人も多いのかもしれませんね。

売ったばかりのモナーコインを再び買い戻します。

        f:id:cryptchallenger:20171013204639p:plain

モナーコインが乱高下しています。

下の図はこの3日日のビットコイン建てチャートです。現在1Mona=0.005BTC(310円くらい)となっており、最高値からは半値になっています。

f:id:cryptchallenger:20171015212648p:plain

5,600円台でビットフライヤーで購入された方には厳しい状況です。ビットフライヤーはスプレッド(売り買いの価格差。販売所の実質的な手数料)が広く、ここから5,600円台で売るには相当の上昇力が必要です。

f:id:cryptchallenger:20171015211708p:plain

私は一昨日、1Mona=0.0077BTCで一部売却しています。天井では売れなかったですが、こればかりはしょうが無いですね。
www.cryptochallenger.com

 

そんな絶賛下落中のモナーコインをあえて追加購入します。

今回の暴騰劇でかなり注目度が上がったと思いますので、国内取引所への新規上場なんかのポジティブなニュースで大きく吹き上がる可能性があります。

 

活発な国内コミュニティを有する国産通貨です。日本円からの購入環境が更に整うといいのですが。

(ビットフライヤーさん、BTC-MONAかJPY-MONAの通貨ペアの取引所開設を強く希望します)

 

今回は0.35BTCで698Mona分購入しまして残高はこんな感じ↓

      2017/10/15現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 3.144
mona 1,505.317 0.585 0.768 31.27%

ちなみに購入はBittrexにて行っています。MONA/BTCの取引高は国内勢を抑えて№1です。

 

さらに下落があれば追加購入に動きます。

ナゾの暴騰が続くモナコイン(Mona)を一部売却しました。

       f:id:cryptchallenger:20171013204639p:plain

もはや説明不要かと思いますが、国産暗号通貨のモナコインが大暴騰しています。

現時点で1mona=0.0077btcとこの1週間で6倍以上となりました。日本円でも節目となる500円に接近しています。

f:id:cryptchallenger:20171013205050p:plain

最初の価格上昇はビットフライヤーでの取り扱い開始がトリガーで間違いないでしょう。

www.cryptochallenger.com

しかしそこから目新しいニュースがない中で暴騰しているのは投機的な資金流入と言わざるをえません。

世界的にはマイナー通貨なのでこれを気にさらなる水準訂正が入る気もしますが、とりあえず500mona(0.38BTC位)をビットコインに替えておきます。

      2017/10/13現在
銘柄 保有数量 投資額(btc) 評価額(btc) 損益
btc 3.493
mona 807.067 0.235 0.620 163.95%

 

モナコインは国内に活発なコミュニティが有ります。地道に普及活動してこられた方の努力も今回の急騰の一因かもしれませんね。長期ホルダーの皆さん、おめでとうございます!!

価格が落ちる局面があれば追加で購入を検討したいと思います。

個人的にはコピー元であるライトコインの時価総額にどれだけ近づけるか注目したいですね。